たぶん個人的な詩情

本や映画の感想、TRPGとか。

たぶん個人的な詩情

MENU

プロノア:「Project NOAH」を遊んでみた感想。

9月9日より配信を開始したスマートフォンゲーム「Project NOAH」。美麗なイラストと重厚な世界観に惹かれ、随分と前に事前登録していた身としては、無事配信が始まり取りあえずは一安心です。度重なるリリース延期は不安以外の何物でもなかったですからね。 …

映画:『そして誰もいなくなった』(1945) ――それはまるで上品な喜劇のような

アマプラにて『そして誰もいなくなった』を視聴。言わずと知れたアガサ・クリスティの同名作品を原作とした本作、原作は読んだことがあったものの、犯人と結末しか覚えていなかったこともあり、新鮮な気持ちで見ることが出来ました。 緊張感を保ちつつ、それ…

読書:タニア・ハフ『ブラッド・プライス―血の召喚―』――都会の闇と女探偵とファンタジー

タニア・ハフ『ブラッド・プライス』を読了。手軽に読める本をと思い手に取った本作ですが、その予想に違わず読みやすく、気付けば一気に読んでしまいました。 ブラッド・プライス―血の召喚 (ハヤカワ文庫FT) 作者: タニアハフ,Tanya Huff,和爾桃子 出版社/…

映画:『パニック・マーケット』――サメ×スーパーマーケット=サメ映画らしからぬ面白さ

“スーパーマーケットで繰り広げられるサメとの死闘”。この言葉を聞いて興味を引かれた者は幸いである。『パニック・マーケット』はその人たちのものである。 若手イケメン俳優ゼイヴィア・サミュエル主演!大洪水に飲み込まれた一軒のスーパーマーケットに閉…

ミリシタ:ミリシタ二周年イベント/UNI-ON@IR!!!!&2nd Anniversary in AKIHABARA

遅ればせながらミリシタ2周年、並びにアイマス14周年おめでとうございます。そして周年イベントを走った方々はお疲れ様でした。 既に「dans l'obscurité」のイベントも終わってしまったわけですが、今回はミリシタの周年イベント「UNI-ON@IR!!!!」と、秋葉で…

映画:『アナコンダ』――アマゾンの奥地で大蛇退治。丸呑みという殺され方への生理的嫌悪を見事に描いた佳作。

10年以上前にテレビのロードショーで見逃して以来、長年見たいと思っていた『アナコンダ』。たまたま午後ローでやるのを知ったものの、CMが入るのも嫌だったので、いい機会だと思いレンタルして見てみることに。 午後のロードショー自体は好きでよく見ますが…

エリック・ジッリ『洞窟探検入門』――洞窟の種類からアタック方法、果ては生存戦略までお手の物な入門書(?)。洞窟に挑む際は是非。

〇〇入門的な本はそれこそ星の数ほどありますが、それらを大別するならば、入門書は教養系とハウツー系の二つの系統に分けることができると思います。ざっとAmazonの書籍ジャンルで「入門」と調べてみた限りでは、教養系では哲学を中心とした思想系が強く、…

映画:『ウルトラヴァイオレット』――“格好良さ”大なり“リアリティ”

Prime Videoにて『ウルトラヴァイオレット』を鑑賞。 監督・脚本はあの『リベリオン』を手掛けたカート・ウィマー。痒いところに手が届かない部分、物申したい部分はありつつも、『リベリオン』は制作陣のやりたいこと、見せたいものがはっきりとしたいい映…

備忘録:『PSYCHO-PASS サイコパス SS Case.3 恩讐の彼方に__』が最高だったという話。

というわけで『Case.3』、観てきました。 『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』予告編 いやー、これが本当に面白かった。これまでの二作品とも個人的に満足の出来でしたが、『Case.3』はそれを上回る完成度で大大大満…

備忘録:『PSYCHO-PASS サイコパス SS Case.2 First Guardian』を観てきました。

またもや出遅れましたが、『Case.2 First Guardian』を見に行ったので感想とも呼べない覚え書きでも。ネタバレは極力避けますが、気になる方はご注意ください。……公開初日に見に行ったのに今頃記事にするこの体たらく。 ちなみに、本作はミリタリ色の強い内…

映画:『トライアングル』

無料だからかなんなのか、アマプラの会員特典は見るのが後回しになりがちで、視聴期限ギリギリになってからようやく見始めることもしばしば。 そのうえ「見放題が終了する映画」と言われた途端に見たくなってしまうがために、期限が先の作品を後回しにし、そ…

読書:ニコラス・コンデ『サンテリア』――現代に甦った正統派怪奇小説。

ニコラス・コンデ『サンテリア』を読了。ずいぶんと前から本棚の肥やしになっていたんですが、これがよかった。とてもよかった。久しぶりに骨太の怪奇・恐怖小説を読めて新年早々幸先がいいなと思っています。 サンテリア (創元推理文庫) 作者: ニコラスコン…

映画:『パラサイト・クリーチャーズ』――雪山、化け物、グロテスク。

先日、ものは試しにとAmazonプライムに入会してみました。色々と便利な機能はありますが、一番の目的は何と言っても定額料金で対象の作品が見放題になるPrime Video。現状時間が取れずまだまだ堪能できているとは言えないものの、これを機に映画なんかを積極…

プロフィール並びにこのブログについて。

プロフィール 199X年生まれのアラサー。仕事に嫌気がさし、先日退職し晴れてニートに。 だらだらと時間を無駄にするのも勿体ないと思い、暇つぶしで書いていた当ブログに本腰を入れようと、二年越しにプロフィール記事を書いてみることにしました。 趣味は読…

挨拶:最初の記事を書いてみましょう。

ブログを開設しておきながら、記事も書かずに二か月間も放置していました。それというのも“最初の記事”に何を書けばよいのか思いつかなかったからに他ならず、思えばこれまでもブログを作る時はいつもそこに悩んでいたように思います。 ありがたいのかはたま…