たぶん個人的な詩情

本や映画の感想、TRPGとか。

ミリシタ:今さらながらの3周年イベント/CHALLENGE FOR GLOW-RY D@YS!!! 感想&ガシャ結果

遅ればせながら、ミリシタ3周年おめでとうございます。並びに、イベント走った方はお疲れさまでした。やり遂げた方も、悔いの残る方もいるとは思いますが、ひとまずは羽を休めることにしましょう。

……なんて書き始めたのも今は昔、あれからもう数ヶ月経ってしまったわけですが、下書きのまま放置と言うのも勿体ないですし、今さらながら記事にしたいと思います。

と言うわけで、今回は数ヶ月遅れとなるミリシタ3周年イベントの感想となります。特に上位を目指した訳でもありませんし、何かの参考になるようなものでもなく、あくまで自分用のメモ、日記の側面が強いかと思われます。ご了承ください。

CHALLENGE FOR GLOW-RY D@YS!!!

まず改めて言っておきたいのは、こうしてミリシタが3周年を迎えられたことに対してのありがサンキュー。コンテンツが続き公式から供給が続くこと、そして何より、作品がそれだけ愛されていることを実感できるのは、プロデューサー冥利に尽きると言うものでしょう。

今後も微力ながら支えていくのはもちろんのこと、末永くミリオンライブが、引いてはアイマスが続いていくことを願っています。

……と、形式ばったコメントはこのぐらいにして、以下イベントの具体的な感想です。

イベントについて

今回もこれまで同様、1000位以内を目指して走ることに。

bine-tsu.hatenablog.com

もう少し上を目指したかったものの、副業の忙しさが読めず妥協してしまいました。まあこればかりは仕方がなかったのかなと思いますが、時間があったら一度はもっと上を目指してみたい気持ちもあります。

来年もこのようなイベントがあるのなら頑張ってみたい、と言った先のことは置いておいて、結論から言えば、無事1000位以内と言う目標を達成することが出来ました。

f:id:bine-tsu:20200801182157p:plain

ポイントと順位から見てもわかる通り、かなり余裕をもってのフィニッシュとなりました。実はイベント終了2、3日前から「……これ、余裕では?」と余裕をぶちかましていたんですが、幸いなことに番狂わせもなく終了。

正直拍子抜けだった感は否めませんが、目標が達成できたのは良かったです。

新たな仕様変更

今回は前回の周年イベントから仕様が変更されました。大きなものは、リフレッシュが6時間から9時間へと伸び、ブーストに10回の回数制限が付いたことでしょうか。ブーストの持続時間も180分へと大幅に伸びたため、課されたのは実質回数制限のみと言ってよかったでしょう。

また、初日から消費アイテムである「明日への道標」の4倍消費が可能となったことはボーダーの加速を予想させ、リソースが1.2倍貯まる「おすすめ楽曲」の存在は、チケットで効率よく道標とポイントを集められる可能性を示唆していました。

と、偉そうに語ってはいますが、正直言って終わった今もなお、最良の走り方はよく分かっていません。基本的にブースト中に450チケット*10でおすすめ楽曲を叩くのが良いと思う反面、そこまでしなくても1000位以内は目指せたようにも思います。還元率を取るか、時間効率を取るか、みたいな。

総じて、時間とリソースをかけたものが勝つ、と言う原点回帰を感じられる3周年イベントだったのかなと。リフレッシュ時間が9時間となり、まとまった時間を取り辛い人には厳しい仕様となったことへの疑問はありつつも、端末スペック差に配慮された仕様変更は良かったと思います。

時間がないなら上位に居座ろう

先にも書いた通り、今回はイベントにどれだけ時間をかけられるか不明な中でのスタートでした。正直言って、最終日に触れるのかすら分からない有様だったわけです。

そんなこともあり、理想は最終日に触らなくともランキング圏内を維持できるポイントを稼いで逃げ切ることでした。

そのためスタートダッシュは大切だと思い、初日はブーストを全部イベント楽曲につぎ込んで首位を確保。後は様子を見つつ、基本的におすすめ楽曲を450*10で回し、最後の二回のブーストは溜まっていた道標を注ぎ込んだ形となります。

f:id:bine-tsu:20200801182204p:plain

初日に走り込んだ際、一時的に居座れた44位。

確かイベント中は、計34曲ほどイベント曲にブーストを使いましたが、後は基本的におすすめ楽曲を450で回したはずです。一回か二回、間違えて2Mのままブーストでチケットを消費してしまったのは秘密。

その結果、常に100番台後半から400番台を行き来する形となり、昨年に比べ精神衛生上楽な二週間となりました。確か、500番台以下に落ちたことはなかったはずです。

当初の予想に反し、最終日を含め時間の余裕はあったため、ここまでする必要はなかったんですが、1000番台を確実に狙うなら、500位以内を維持しておくと楽だというのは学びでしたね。

無風地帯と言いますか、500位以内にいると、数時間放置していても順位が変動していない、なんてこともしばしばありました。流石に終盤は少し動き、結果的に100番台からは陥落しましたが、最後の数時間は触っていないでこれですし、上々の結果だったと思っています。

層間の移動が激しいのが500番台から1000番台で、それより上の順位層では、順位自体の変動はありつつも、人自体は大きく動いていない説が濃厚。細々としたテクニックは通用しなくとも、この認識は他イベントを走る上でも役に立つように感じます。

イベントコミュ感想

まさかSSR実装の逆順とは「読めなかった、このリハクの目をもってしても!」と言うことで、これにいち早く気付いた人は流石にすごい。

で、その結果自分にとっては役得な人選となった最終日前日。歌織さんと百合子を担当する身としては、二人が揃うだけでとても嬉しいものがあります。意外とこの二人、相性が良いと思うんですが……そこは今後に期待。

また、歌織さんと紬と言う新規二人の絡みは意外と供給が少ないですし、そこにASの貴音が入っているのも個人的にはエモポイント。

f:id:bine-tsu:20200928132836p:plain

向き合っているタイミングでのスクショが地味に難しい一枚。

そして何と言っても、最終日の4人の並びには思わず感動してしまいましたね。周年記念と言うこともあって、歴史を感じたと言いますか、彼女たちあってのミリオンだなあと改めて実感させられましたね。

f:id:bine-tsu:20200928132935p:plain

f:id:bine-tsu:20200928132940p:plain

このやり取り好き。

Glow map 感想&スクショ放出

これまでの周年曲に比べ、より一層エンディング味が強かったと感じるGlow map。実は聞き始めた当初はそこまで響かなかったんですが、聞けば聞くほどそのに良さに気付いていったと言いますか、自分にとってはいわゆるスルメ曲でしたね。 

途中で挟まれる「行ってきます!」を聞くと、これまでの様々な思いが込み上げて、周年曲らしい感動を呼び起こしてくれます。

f:id:bine-tsu:20200928132138p:plain

この曲では珍しい単体アップのカメラ。可愛い。

で、歌い分け楽曲では色々と試してみる配置と人選。自分の場合は歌織さんをセンターにした構成を一番試すんですが、その中でも個人的に気に入っているのがこちらのメンバー&配置。よければ是非聞いてみて欲しいです。

f:id:bine-tsu:20200928132158p:plain

歌の上手さもさることながら、声の相性が良い。好き。

ちなみに、この曲の花火や屋外のライブ会場での演出を見ると、7thでもこうした演出があったのではないかと、一抹の寂しさを感じてしまいますが、今はまた会える日を楽しみに待とうと思います。

THE IDOLM@STER  MILLION THE@TER WAVE 10 Glow Map

THE IDOLM@STER  MILLION THE@TER WAVE 10 Glow Map

 

その後のガシャ関係あれこれ

周年イベントから大分経過し、その間には歌織さん周りだけでも様々なことが起こりました。オペラセリアにクルリウタ、MUSIC JOURNEYのフルはもちろん、Just be myself!!の莉緒とのカバー等々。

楽曲関係についてはドラマパートも含め、書けるものは別記で記事を書いていこうと思いますので、今回はスクショ放出のためのガシャ関係あれこれ。

限定入りSSR確定ガシャチケット

まずは限定入りSSR確定ガシャ結果。二枚はダブりだったものの、先日実装された琴葉の限定SSRが引けたので個人的には大満足。

f:id:bine-tsu:20200927064231p:plain

この両手と表情が俺を狂わせる。

この琴葉、可愛いのはもちろんのこと、小悪魔感と美しさが同居していてすごいですよね(語彙力消失)。ヘップバーン味が高いのもポイント高いです。このタイプの手袋もすごく好き。

セレチケ結果

悩んだ結果、セレチケで選んだのは限定美希。

f:id:bine-tsu:20200927065057p:plain

可愛い。好き。

この手の色味とアシンメトリーな服が好きなので気になっていた一枚。歌織さんの5凸アナザー2と並べてみたい、との思いもあって選びましたが、堂々とした立ち居振る舞いは美希らしさが溢れていて良いですよね。覚醒前のイラストも好きです。特に表情。

f:id:bine-tsu:20200928133301p:plain

f:id:bine-tsu:20200928133305p:plain

この二人、衣装の相性はもちろんですが、瞳の色が緑と共通で、どことなく姉妹感を感じさせるものがあるのも良き。何となくですが、歌織さんは美希の奔放さを楽しみつつ面倒見てあげそう。

メダルガシャ

ミリシタを遊び始めて3年と数ヶ月。メダルガシャでの新規SSRは都市伝説だと長年ぼやいていましたが、先日ついに新規SSRが引けましたのでスクショ放出。

f:id:bine-tsu:20200927065918p:plain

f:id:bine-tsu:20200927065951p:plain

証拠画像。

このSSRのイラスト、背景含め綺麗なのは言うまでもないんですが、何よりも物語の始まりを感じさせる躍動感があって好きなんですよね。衣装の色味も好き。

アイドル☆スポーツフェス!ガシャ

ガシャ実装当日、副業から解放され、スマホをチェックした時の衝撃を未だに覚えています。イベントで石が枯渇していたため、分の悪い戦いではあったものの、溜まっていた10連チケットと課金の力で何とか解決。

恒常は深追いしないんですが、限定はいつまた会えるか分からないため頑張ることにしていますが、何とか引けて良かったです。取り合えず、担当のカードは揃えておくと精神衛生上よろしい。

f:id:bine-tsu:20200927071504p:plain

f:id:bine-tsu:20200927071134p:plain

指の曲がり具合に注目。

このカードに関していえば、覚醒前の表情も良かったですよね。あんな顔を歌織さんがしてくれるのかと言う驚きと、運営がああいった扱いをしてくれたことへの感謝で胸がいっぱいでした。

f:id:bine-tsu:20200928133728p:plain

f:id:bine-tsu:20200928133732p:plain

f:id:bine-tsu:20200928133238p:plain

この新衣装、今までの衣装とはまた違った華やかさと、シュッとした感じが目に優しい一着だと思います。あと指先が綺麗ですよね。ただの手袋にはない魅力があります。それと当然足元も綺麗なんですが、そちらはご自分の目で確かめて頂ければと思います。

終わりに

だらだらと長くなってしまいましたが今回はこの辺で。ミリオン関係のブログは、先にも書いた「クルリウタ」と「オペラセリア」のドラマ部分を含めた感想を書ければと思っています。

ご一読、ありがとうございました。