たぶん個人的な詩情

本や映画の感想、TRPGとか。

備忘録:『PSYCHO-PASS サイコパス SS Case.3 恩讐の彼方に__』が最高だったという話。

というわけで『Case.3』、観てきました。


『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』予告編

いやー、これが本当に面白かった。これまでの二作品とも個人的に満足の出来でしたが、『Case.3』はそれを上回る完成度で大大大満足。馬鹿みたいな感想ですが、めちゃくちゃ映画してるんですよね、今回の『Case.3』は。

まず脚本における序破急がしっかりとしていること、これが『Case.3』の一本の映画としての完成度を高めているように思います。これまでの『Case.1』『Case.2』はそれぞれ、二話で一つの前後編としてテレビシリーズ内で成立していてもおかしくない作りでした。それに対し、今回の『Case.3』は緩急の付け方が上手く、どこで区切ってもしっくりと来ない、つまりは一つの映画として完成しているんだと思います。

この映画的面白さについては、これまでの作品がシビュラの絡んだサスペンス的傾向が強かったのに対し、今作が狡噛をメインに据えたアクション色の強い内容であるため余計にそう思うのかもしれませんが、何にせよ面白かった。キャラクターの人となりは映画だけでも感じ取れそうなので、背景知識のない初見の方でも普通に楽しめそうです。もちろんこれまで『PSYCHO-PASS』を観てきた人にとっては、過去と未来を繋ぐ物語としてより満足できる内容なのではないかと思います。

特典目当てでもなければ同じ映画に複数回行かない私でも、最低あと一回くらいは観に行きたいと思わされたほどの『Case.3 恩讐の彼方に__』、映画館映えする内容なので気になっている人にはとにかく観に行って欲しいと思います。

f:id:bine-tsu:20190308231323j:plain

さて、今回は『PSYCHO-PASS  SS』三部作の最後ということもあり、ざっと思い付いたことや個人的な感想などを軽くネタバレありで書いておこうと思います。以下、テレビシリーズ及び映画のネタバレに触れる可能性があるのでご注意ください。

まず見終わって思ったことは、これでようやく狡噛慎也は前に進めるのだということ。ただ日本へと帰るのではなく、テンジンとの交流などを通して生まれ変わった狡噛が日本に帰る、それを思うと続編が今から楽しみでなりません。SEAUnを舞台とした劇場版第一作においての狡噛は、言ってしまえばただ反政府ゲリラに協力していたに過ぎず、具体的な目的や思想といったものは見えてきませんでした。それは『Case.3』の冒頭においても変わらず、猟犬の嗅覚で次の戦場は嗅ぎつけられても、そこで何をしたいのか、何を為すべきかという主張はない。槙島の幻が語る通り、彼は復讐とともに過去に囚われ、それ以降明確なものがないままチベットへと至る。そうした目的については、今回敵対したガルシアや、彼の心に強く刻まれている槙島の方が強かったのではないか。そんな彼が、ようやく前を向く。『Case.3』は活劇の面だけでなく、傷ついたヒーローが自分を取り戻す物語という意味でも、典型的なアクション映画の構造をしていたのではないかと思います。

さて、そうなって来ると気になるのは、狡噛が日本に帰国したとして果たしてどうなるのかということ。花城フレデリカへと語ったシステムへの憎悪は、彼が作中で懐かしんだ刑事課一係との、シビュラを挟んだ対立という未来を予感させます。一期・二期を通し、一係の長である常守朱はシビュラによる現状の継続を選びました。二者が妥協点を見つけられるかは現状不明で、そもそもフレデリカ(=外務省)の手助けをするとなれば、それは二期及び『Case.1』『Case.2』で描かれた省庁間の対立の中に彼らが組み込まれるということを意味します。

『Case.3』公開と同時に、念願の三期制作も発表されました。新キャラクターが描き出す世界に、これまでの登場人物やそれぞれの思惑がどう絡んでくるのか、彼らが選ぶ正義は如何ようか。当面の生きる目標が出来ましたし、今後も何とか頑張ろうかと思います。

とまあ、長々と語ってきましたが、以降は個人的に『Case.3』を観ていて思ったことをさらさらっと。

まずは何と言っても花城フレデリカについて。フレデリカさん、めちゃくちゃいい女でしたね。本田貴子さんの好演も相まって、危うく惚れそうになりました。ああいった、自分が美人であること、そして今自分が他人にどう見られているかを自覚しつつ行動するキャラ、昔からすごく好きなんですよね。思惑はあるにせよ、テンジンとの交流や狡噛との会話は素晴らしかったです。テンジンとの風呂場のシーンなどは親子かと見紛うほど。フレデリカが家に泊まる云々の会話なんて、ほぼ疑似家族状態でしたからね。

彼女については今後も深く作品に関わってくるでしょうし、どのような役割を果たすのかとても楽しみです。雑賀先生の教え子のよしみで、狡噛との小難しい会話の相手を是非引き受けて欲しい。槙島亡き後、そうしたスノッブ趣味を満たしてくれる要素が薄くなっていることをとても残念に思っています。彼女については須郷さん関連の意味深な発言もありましたし、そちらの点でも気になります。

続いてテンジン。最初は出る映画を間違えたのかと思うほどに明るいキャラクターでびっくりしましたが、狡噛との師弟関係は微笑ましく、最後まで守るべき対象として描かれつつも、復讐について自分で決断するなど、成長を感じさせてくれました。あとすごく可愛い。

また彼女については、父の遺した『恩讐の彼方に』をなぞる形で復讐を諦めたという点でも少し印象的でした。一期などは作品の引用が顕著でしたが、引用された作品がここまで作品の内容と結びついていたことはなかったように思います。

あと最後の列車上での戦闘に関しては、脚本を務めた深見さんの趣味が出ている感じがしましたね。彼の手掛けた強化外骨格をモチーフとしたライトノベル、『GENEZ』でも列車内で戦う話はありましたし――あちらはユーロスターで映画『M:I』を意識したものでしたが――、アクション映画の定番ですよね、列車上のドンパチ。そのほか見応えのあるアクションシーンも多く、長年細々と深見さんのファンを続けている身としては、深見さんが楽しそうで何より、と思ってしまう内容でよかったです。

他にも語りたいことは山ほどありますが、取りあえずはここまで。『Case.3』を鑑賞し、ディスク化がより一層待ち遠しくなりました。

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__ [Blu-ray]
 
PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__ [DVD]

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2019/09/18
  • メディア: DVD