たぶん個人的な詩情

本や映画の感想、TRPGとか。

【今週のお題】子どもの頃に好きだった今となっては謎のカップアイス。手がかりはサツマイモとカボチャのフレーバー。

つめたいアレの季節と言うことで、今週のお題は「好きなアイス」だそうだ。実際、夏ほどアイスの似合う季節はないと思う。寒い冬の日、暖房の効いた室内で食べるアイスも乙なものだけど、やはりアイスと言えば夏、夏と言えばアイスだろう。

うだるような暑さの中、暑さを紛らわすために食すアイスは良いものだ。垂れ始めるアイスに悪態をつきつつ食べる姿は趣深いし、未だ昼の暑さが残る夕暮れ時、コンビニで買ったアイスを友人と肩を並べて食べる、なんて言うのも青春の一コマだろう。もちろん、冷房の効いた中、外の熱気を尻目に涼みながら食べるアイスもまた格別だ。

そんな夏の風物詩であるアイスについて何を語ろう。そう思った時、ふと私の頭を過ぎったのは幼き日に食べていたお気に入りのアイスクリームだった。それは小さなカップアイスが6個ほど入った商品で、その当時としては珍しいことに、バニラやイチゴと言った通常のフレーバーに混じり、サツマイモやカボチャと言った、ミルク系の旨味が引き立つフレーバーがいくつか含まれていた。

知っての通り、サツマイモやカボチャとアイスクリームの相性は凄まじく良い。今でこそその手のフレーバーは見かけるようになったが、それでも通年の商品としてラインナップに入っている姿は見かけない。それが今から二十年以上前*1、通常のアソートに入っていたのだから驚きだ。

大きさとしては現在で言う箱入りのハーゲンダッツのミニカップほどのサイズで、箱のデザインはいたってシンプル。せいぜい箱に入っているフレーバーが書かれているぐらいのものだったと記憶している。

販売していたのは恐らくコンビニかスーパーマーケット、当時住んでいた地域から考えて、恐らくはデイリーヤマザキかマツキヨ系のスーパーだろうと思う。ただし親が買ってくれていたため詳細は分からないし、4、5歳の頃の記憶のため細部もあやふや、もしかすると通年ではなく季節限定の商品だったのかも知れない。それにしてはよく食べていた記憶があるのだが…。

果たして、一体全体あれはどこが出しているアイスだったのか。そして未だに販売されているのか。もっと言えば、今も食べられる商品なのか、二十年以上経った今なお気になって仕方がない。もしまた食べれるのならば食べてみたいのは当然として、食べられないにしても、この商品が何だったのかくらいは知りたいと思っている。

もしこれを読んでいる方の中にこのアイスについて知っている、もしくは自分も食べた記憶がある、なんて方がいらっしゃったら、コメントなりTwitterなりでお教えいただけると大変助かります。助けてドクシャノ=ミナサン、あなた達だけが頼りです。

と、今日のお題にかこつけて昔語りをしたところで今回はこの辺で。エアコンのせいなのか日頃の不摂生か、ここ数日喉を痛めて熱を出したりしているので、コロナに関係なく皆さんも体調にはお気をつけください。ではでは。

*1:正確には23年から25年ほど前のことだと思う。